学生選手権の報告

 8月20日、日本学生クレー射撃連盟が主催する全日本学生クレー射撃選手権大会が、ぐんまジャイアント射撃場にて開催されました。雨が降ったかと思えば急に日差しが照りつけたりするなど、著しく変動する天候の中様々な大学の学生が参加しました。

 来賓として、2016年リオデジャネイロオリンピックに出場された中山由起枝選手(トラップ種目)、石原奈央子選手(スキート種目)がお越し下さり、選手は様々なアドバイスを受けることができました。とても貴重な経験でした。

 我々日本大学クレー射撃部はこの大会が設立された当初から途絶えることなく参加しており、今年度は4年生2名(石原主将、不破)、3年生1名(大塚)がトラップ種目に出場しました。

 結果として3人とも思うように実力を発揮することができず順位も奮いませんでしたが、この学生選手権を通して現役選手一同は練習頻度を増やすことの重要性を改めて認識しました。結果に全てを求めるのではなく、据銃練習など地道な練習でも一生懸命こなすこと。このことを目標にこれからも練習に励んで参りたい所存です。

 結びにあたり、円滑な大会運営をして頂きました大会関係者様、お忙しい中駆けつけて頂きました日本大学クレー射撃部OBの諸先輩方に、心より感謝を申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です