銃所持までのマニュアル

※管轄の警察署によって若干の違いがあるのであくまで参考にしてください。
※当マニュアルは日本大学クレー射撃部部員向けのマニュアルであるため、通常の手続きとは異なる場合があります。

1、初めに確認しておくこと。
銃の所持許可に向けて初めに確認しておくべき点がいくつかある。
まず、次の項目に該当する人は銃を所持する資格がない。
銃砲刀剣類所持等取締法より抜粋
【精神病者、アルコール、麻薬、大麻、アヘンもしくは覚醒剤の中毒者又は精 神薄弱者】
【銃砲刀剣類を不法に所持して罰金以上の刑に処せられ、その刑の執行が終わった日から5年を経過していない者。】【銃砲刀剣類又は刃体の長さが6cmを超える刃物を用いて、殺人、強盗、強姦、誘拐、傷害、恐喝など凶悪な罪を犯した者で、罰金以上の刑に処せられ、その刑の執行が終わった日から5年を経過していない者。】
【他人の生命若しくは財産又は公共の安全を害するおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者。】
普通の学生なら当てはまる事項はないだろう。

次に、実家暮らしであれば同居人、一人暮らしであれば大家に許可を取る必要がある。
これは猟銃を保管業者に委託する場合も必要だろう。実際に銃を自宅に保管しない場合でも、許可がない場合、所持許可が下りない可能性がある。
そのため、銃を自宅に保管するしないに関わらず、許可を取ってもらいたい。

例年、家族の同意がとれず部を辞めていく者がいる。そうならないよう、各人にはぜひ説得を試みていただきたい。
最後に、マニュアルではあるが、基本的に警察とのやり取りになるため、会員一同協力することはできるが、会員では判断しきれない場合がある。
そのようなときは実際に警察署に問い合わせしてほしい。逆にいえば、分からないことは警察に聞くのが確実ではある。
会員の話に納得がいかない場合は問い合わせをするべきである。また、県により違いが生じる場合もあることも理解しておいてほしい。

2、所持許可までに必要な教習等
①初心者講習
②教習射撃申し込み
③教習射撃
④銃所持許可申請
それぞれの項目について解説を加える。

①初心者講習
いわゆる学科試験である。これは自分の住む場所を管轄している警察署に申請を行う。必要なものは、
例)千葉県警の場合
猟銃等講習受講申込書 2通
写真 2枚
(6か月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景のライカ版のもので、裏面に氏名及び撮影年月日を記載したもの)
6,800円の千葉県収入証紙
以上の3点である。

猟銃等講習受講申込書は東京都民なら警視庁
各県民であれば県警のHPで印刷が可能である。
もしわからない場合、実際に管轄の警察署の生活安全課に出向くのが良い。
ただし、電話連絡をしてから行くこと。
アポなしで行くと対応してくれない場合がある。

写真は証明書写真で良い。
ただし、ライカ版、36×24ミリという、証明写真機にはないサイズであるため、これより大きいサイズで撮影し、自分で加工する必要がある。
裏面に氏名、撮影年月日の記入を忘れないこと。
費用は県により異なる場合があるので、実際に警察署に確認をすること。

初心者講習の申し込みが受理されると、猟銃等取扱読本が渡される。
これは、講習当日に使用し、その後も使うものなので、なくさないように。

講習当日は指定された場所に行き、午前中は講義を受ける。
この講義で午後におこなう試験のポイントを言うので、きちんと講義を聴き、昼休みの間に復習すればそれほど心配はする必要はない。
と、思われていたが、近年、この試験に不合格になる部員がでてきた。
そのため、できれば講習前に自分で読本を読み、先輩方にアドバイスを受けるのを勧める。

1.5 20歳以下の場合
初心者講習に無事合格したら、次のステップにいけるのだが、20歳以下の場合推薦書がなければ猟銃を持つことはできない。
この推薦書は我が部のOBが経営する「浦和銃砲火薬店」が書いてくれる。
20歳前に初心者講習に合格した場合、推薦書を書いた方がよい。
実際に浦和銃砲店に行き推薦書を書けばよい。
ただ、例年の難化により推薦が下りづらくなっているのが現状である。
そこは了承していただきたい。

②教習射撃申し込み
さて、めでたく初心者講習に合格した人は教習射撃を申し込むことになる。
ここから必要書類が増えるので注意していただきたい。
必要書類は、平成23年度では、  1、教習資格認定申請書2枚
2、同居親族書
3、精神保健指定等の専門医師による診断書
4、誓約書
5、破産手続きを受けてないことを証明する身分証明書
6、戸籍抄本と住民票の写し
7、講習終了証明書
8、経歴書
9、申請者の写真2枚
10、検定料(県により異なる)
の以上が必要となる。
これらの書類は自分でそろえることは可能だが、書類が変更になっている場合があるので、実際に警察署に行き、書類をもらうのが確実である。そのときにアポを取るのを忘れないこと。
教習資格認定書は記入漏れのないようにすること。2枚必要であることも忘れない。

診断書は精神科にいけばいいのではなく、精神保健指定番号を持つ医師でなければならない。
また、病院により、診断書の値段が大きく変わるので、できれば部員が勧める精神科(1枚三千円前後)にいくのをお勧めする。
値段が一万近くかかる病院もあるので注意。
身分証明書と戸籍は本籍がある役所に問い合わせなければならない。
直接行けない場所に本籍がある場合、郵送で可能である。本籍のある役所に問い合わせしていただきたい。
住民票は今住んでいる場所の住民票が必要である。
住民票を移していない人は移す必要があるので注意。
必要書類を持って管轄の警察署に申請すればよい。
ここから、身辺調査という名目で30日ぐらいかかる。
許可が下りれば教習射撃を行うのだが、認定書を警察署に取りに行く必要があり、その時に火薬譲受許可申請も行う。
これは警察署でその場でできるので、警察官に聞きながら書類を書けばよい。

③教習射撃
教習射撃の許可が下りれば、教習射撃、すなわち実技試験に移る。
許可が降りたら、浦和銃砲店に連絡し、日時の相談をし、教習射撃を行う。
認定書と火薬譲受許可証などを忘れないこと。必要な物は連絡したときに聞くこと。
教習射撃は3回ラウンドを周り、4回目に試験を行う。
トラップの場合25発中2発、スキートは3発命中させればよい。
難しく聞こえるかもしれないが、監督(浦和銃砲火薬店店主)のアドバイスに従えば、構えを練習してきた部員達には簡単であるので心配しないように。

④銃所持許可申請
教習射撃に合格すれば残すは所持許可申請のみになる。
教習射撃終了後、浦和銃砲火薬店で銃の値段交渉に入る。
一般に我が部では10万を予算として組むのを勧める。
ロッカー類合わせて10万で監督が用意してくれる。
もちろん、先輩から銃を譲り受ける場合は安くすることも可能である。
このときに、許可申請に必要な書類は監督が用意してくれるのでそれを受け取ればよい。
ただ、自分で用意する必要のある書類もあるので、必要書類を示しておく。

1、銃砲所持許可申請書2枚
2、同居親族書
3、精神保健指定等の専門医師による診断書
4、誓約書
5、破産手続きを受けてないことを証明する身分証明書
6、戸籍抄本と住民票の写し
7、講習終了証明書
8、経歴書
9、申請者の写真2枚
10、申請料(県により異なる)
要するに教習射撃申し込み時に必要であった書類がもう一度必要になる。
診断書や戸籍抄本などである。教習射撃申し込み時に2枚もらうのもよいのだが、発行日時に間が空きすぎると受理されない可能性があるので、もう一度取り寄せる方がよいと思われる。
ここでも30日ほどかかる。身辺調査を行うからだ。
ただし、教習射撃申し込み時とは違う点がある。
それは警察官が自宅の保管状況を見に来るのである。
自宅に銃を保管する場合、銃の保管設備の書類を書く必要がある。
このときに銃を手に入れる前にガンロッカーと装弾ロッカーを自宅に設置する必要がある。
これは固定する必要があり、壁にネジなどで固定しなければならない。
つまり、先にロッカーだけ、浦和から送ってもらう必要がある。
所持許可申請をするときに詳しく聞いておくべきである。
ただ、県により程度の差がある。ロッカーが外れないかガタガタ揺らす県もあれば、ロッカーの場所を確認するだけで終わる場合もある。
(自分はガタガタ揺らされネジが外れてしまったため、固定に一工夫必要になった。)
これらを乗り越えれば所持許可が下り、晴れて銃を持つことができる。許可が降りたら、浦和に銃を取りに行き、管轄の警察署に持っていき、検査をする。
無事検査が通ればクレー射撃を始めることができる。

3、最後に
現状銃を持つことは容易ではない。
しかし、クレー射撃に興味があるならばぜひ銃をとってもらいたい。
クレー射撃の面白さは実際に体験してみないとわからない。
その面白さをぜひ体感していただきたい。
確認しておくが、分からないことがあれば部員にまず部員の先輩方に聞くべきだが、警察に聞くのが確実であることは忘れないでほしい。
このマニュアルが少しでも部員の手助けになれば幸いである。

日本大学クレー射撃部
総務 渡辺